スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

半年ぶり通院(術後2年)

2013.09.24.16:24

またしても半年ぶりの国立がん研究センター東病院です。術後2年になります。早いもんです。

病院を入って自動受付機に向かうのですが、場所も変わってれば、機械も変わってました。
そして受付機の横に立っている職員さんからこんなものが渡されました。
呼び出し機?

初めてなので説明を簡単にしてもらったところ、今までは外来の診察を受け付けてからひたすらそのフロアで待つだけやったんですが、順番が近づいたら画面&呼出音&バイブレーターで知らせてくれるので受診科の近くに行って待って・・・で、順番になったら、同じくこの機会で呼び出され、画面にどの診察室に入るかも出るそうです。
先生の呼び出しアナウンスもなくなりました。

最初はなんの機械かわからず、放射線測定機かと思いました(笑)

とりあえず、採血とレントゲン撮影を済ませて、診察科に届けて(受付時に印刷された受診票のバーコードの読取)、あとはどこで暇をつぶそうかとTVを置いててソファーもある1Fロビーへ・・・しかし、誰も考えることが同じで 1Fのロビーが大混雑 (^^;)

ちょっと見たら、前回工事中だったドトールの席が空いてたのでコーヒー飲んで待つことに。

ドトール
ちょっとレアもののレシート・・・ドトールコーヒーショップ 国立がん研究センター東病院店
レシート


待つこと約2時間(泣)、やっと呼び出しがあって受診科のフロア、そして診察室へ。

結果は肺癌は異常なし
ただし、最近お酒飲みすぎなので、血液検査のγ-GTPなど肝臓関係の値が悪い。前回(半年前)も悪い数値やったんですが、今回は更に値が2倍の270くらいになってた・・・倍返しだ(笑)

先生が過去の胸部CTに写ってる肝臓の状態を見てくれたけど「この程度の脂肪肝なら大丈夫」とのこと。ただ、今のペースじゃダメでしょうけど (^^;)

いったい何の診察を受けに行ったのやら(笑)

次回はまた半年後の来年3月。また、しばらくこのブログは休眠します

【追記】
先生に聞いたら、院内のシステムはIBMから富士通に変わったんだそうです。
でも先生方も大変ですね。医学以外にも、システムが変わったらPCの画面の勉強もしないといけませんし。御苦労さまです。
スポンサーサイト
プロフィール

ぜんこうさん

Author:ぜんこうさん
1997年に肺癌で手術。
転移性じゃなく安心してたら、2010年に新たな肺癌が見つかってしまいました(2011年9月に手術で切除)。
自営のシステム・エンジニアやってます。
詳細なプロフィールは、リンクにあるホームページやブログをご参考(?)に!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。