スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手術から1年経過して

2012.09.23.09:33

去年の9月21日が手術日でしたから、1年が経過しました。
実はブログ更新は25日に病院へ検査に行った後でと思ってたんですが、ちょっと嬉しいことがあったので・・・

手術から1年経った21日に、退院した時の記事にコメントが書き込まれました。
投稿からこんなに経ってから何?と思って読んだら、僕が入院してた病棟で以前働いていたという しょーたんママさんという方でした。

ブログやってて良かった~ ほんま。

この記事を facebook 経由で見てくれてる、国立がん研究センター東病院の(元)医師や看護師さんならご存知の方なのかもしれません。
もしご存じで連絡する機会ありましたら、コメント嬉しかったとお伝え下さい。

診察行ってきました

2012.05.15.13:03

4ヶ月ぶりに国立がん研究センター東病院に通院してきました。

胸部X線&採血&診察。
いつものことですが、X線は特に混んでないんですが、朝一番の採血は激混み・・・なんとか30分待ちで採血してもらいましたけど・・・まぁその後、診察が1時間以上待ちました。おかげで読書が進みました(笑)

さて、結果は全く問題なし。
次回は9月。9月と言えば手術から1年経過するんです・・・で1年記念でCT検査もやるみたいです。
1年前の手術日が台風だったということで、永井先生が帰りに倒木で車を擦ったとか、変な話で盛り上がりました(笑)

診察終わって会計へ・・・・あれ?変な機械がある




近くで撮影したら個人情報も映りそうで、何か言われそうだったんで遠くからパチリ。
医療費自動精算機

今までは「計算」窓口に診察書類を提出して「支払」窓口で呼び出されてそこで支払だったんです。
ところが今日は、「計算」窓口用の整理券を取って待ってれば「計算」窓口から呼び出され、診察書類を提出し医療費精算用の番号を書いた紙をもらいます。
おっと、健康保険証の確認は更に別窓口やったんで、これまたビックリ。
あとは画面で精算可能な番号が表示されたら、上の写真の精算機へ。番号を書いた紙のバーコードをスキャンさせ、現金なりクレジットカードで精算。

確かに人手は減るんでしょうけど、何か待ち時間延びたように感じますが・・・でも、システム導入したIBMさん(?)はホクホクでしょ(笑)

このシステムに戸惑う人が多いはずで、窓口で聞いたら、ゴールデンウィーク明けから変わったようです。

で、余談。
一緒に戸惑ってた姉さん(←僕より年上の意)と待ってる間ちょっと話をしたんですが、なんと、今日は高知から朝一番の飛行機で診察受けに来たとか 四国はわかりませんが、大阪の阪大病院とか関西にも病院はいっぱいあるのに、と聞いたら、知り合いか誰かがこの病院で世話になって良かったからだとか。
診察のついでの旅行みたいに、今日は美術館や博物館などを見て回って1泊して明日帰るんだそうです。
なかなか優雅

今年 初通院

2012.01.17.12:10

去年10月以来の通院です。
あ・・・このブログ、今年初だから・・・今年もよろしくお願いします。
でも何も起きなかったら、更新間隔は3ヶ月とか半年かもよ

さて、朝9時からの診察予約でその前に胸部X線と採血・・・・って、こんな朝一番に通院した記憶がない。
国立がん研究センター東病院の玄関を入ったら、番号札を配ってた。再診の受付機の順番待ちでした・・・初体験

ちょっと待たされて再診受付を済ませ、胸部のX線撮影へ・・・ほとんど待たずに終了。
次は採血・・・さすがに、全員とは言わないまでも多くの患者さんが集まってるんでしょうね、採血待ちで人があふれてます。
20分くらいか?待って終了・・・僕は特に冬場は血管が出にくいんで、看護師さんに苦労かけます・・・でも採血室の看護師さんは「超」がつくくらいのベテランぞろいなんで難無く採ってくれました。

で、診察の外来に行ってみたら、意外と待ってる人が少ない。
でも、30分以上は待ったでしょうか?

先生に呼ばれて診察室へ。
「肺が成長してますね」・・・「えっ!?」

だって下葉を切除したのは初回(14年前)だし、去年の手術で一度縮んだんか???
ま、成長を続けるのはええことやろ(笑)

軽く聴診器で胸を診て、血液検査の結果も異常なし。
あっと言う間の診察でした

さて、次回通院はまた3ヶ月後。
またこのブログもそれまで更新ないと思います

治ったかも

2011.10.25.08:00

今日は、ドレーンの跡からの膿が治ってなければ再度病院に行く日。

幸いにも日曜の夜あたりから膿が止まって、あてているガーゼに何も付着しなくなった。
ということで、今日の通院はやめます。
もし、再び膿が出るようなことがあれば、その時また通院したいと思います。

でも、治りかけと、乾燥肌で痒いのは確か。痒み止めの薬を塗って耐えなければ・・・

このままうまく行けば、このブログの更新は今年中はありません

やっぱり診てもらいに行ってきた

2011.10.18.15:13

右脇のドレーンを抜いた後の部分から膿のようなものが出てる件、先週木曜に永井先生に電話して、それから週末をはさんで様子を見たけど進展なし。

今日、永井先生が外来を担当してる日なので、国立がん研究センター に予約なしで行ってきました。

で、結論としては、引っ掻いた傷から ばい菌が入って化膿したらしい。
先生直々に膿を絞り出していただき、消毒(?)し、ガーゼをあててテープ止めしてもらいました。

退院後すぐに鎮痛剤を服用するのをやめたんですが、再度服用するように言われました・・・正式には鎮痛剤ではなく消炎鎮痛剤・・・消炎効果もあるそうです。それと抗生物質を1週間分処方されました。

1週間経って治ってなければ、再度通院です。

今回、手術後など思ったより楽かと思ってたら、思わぬ落とし穴・・・浮かれてた罰ですかね
プロフィール

ぜんこうさん

Author:ぜんこうさん
1997年に肺癌で手術。
転移性じゃなく安心してたら、2010年に新たな肺癌が見つかってしまいました(2011年9月に手術で切除)。
自営のシステム・エンジニアやってます。
詳細なプロフィールは、リンクにあるホームページやブログをご参考(?)に!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。